中年オヤジももさんのゆるりクルマライフ

クルマに関する情報や、愛車のマーチについて女性オーナーの方が気づいてなさそうな情報をゆる〜く発信してゆきます

K13型マーチ ヘッドランプバルブを自分で交換してみましょう

こんにちは。

 

K13型マーチのヘッドランプ、夜間に暗いと感じる人は多いと思います。

 

ハロゲンランプを採用しているので、昔のランプに比べると明るくなっていますが、青白く光るディスチャージヘッドランプや最新のLEDヘッドランプに比べるとかなり暗いです。

 

ただ、イエローハットやオートバックスで売られているハイワッテージ版にしようと思っても、工賃がかかるし。

自分で交換できたらなぁ。

と思っている方に説明します。

 

まずヘッドランプユニットはエンジンルームの中にありますので、ボンネットを開けます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826180507j:image

ボンネットオープナーはダッシュボードの右下にあります。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826180628j:image

左側がボンネットオープナー、右側が給油時に開けるフューエルリッドオープナーです。

ボンネットオープナーを手前に引き、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826180813j:image

ボンネットを開けます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826180848j:image

クルマの前に回り込むと、ボンネットが少し開いていますので、隙間に手を入れて、ロックのリリースレバーを探します。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826181022j:image

上の写真がロックのリリースレバーです。

手前の出っ張りを左に押すと解除されるので、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826181200j:image

上記の様に手探りで、リリースレバーを探してロックを解除します。

 

ちなみに、ボンネットオープナーのみでボンネットが開けられないのは、万が一走行中にオープナーが操作されてしまった場合、ロックが無かったらボンネットが走行風であおられて開いてしまい、前方を塞いでしまい、事故になってしまう事を防ぐために、ロックが設けられています。

 

ボンネットを持ち上げて、エンジンルーム左側を見ると、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826181443j:image

左側にボンネットを支えるバーがありますので、上に引き上げて外します。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826181603j:image

ボンネット側に受けがあるので、支えるバーをそこにはめ込んでボンネットを固定します。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826181728j:image

これでヘッドランプ交換の準備が出来ました。

 

ヘッドランプ交換は、向かって左側のヘッドランプを例に説明します。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826181913j:image

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826181944j:image

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826182012j:image

このヘッドランプバルブを交換します。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826182108j:image

ヘッドランプのコネクターを外します。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826182203j:image

後ろに向かって引っ張ると外れます。

少し力がいります。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826182356j:image

ヘッドランプユニットに付いているゴムを外します。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826182451j:image

ゴムを外すとこんな感じです。

ヘッドランプバルブを固定しているバネを外してゆきます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826182725j:image

バネをそれぞれ、内側に引っ張るとバネが外れます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826182843j:image

上記のようになればヘッドランプバルブが外せます。

真ん中の3極のヘッドランプバルブを手前に引くと外れます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826183029j:image

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826183041j:image

この時、先端の発光部分に指紋が付かない様に注意しましょう。

手の油が付いてしまうと、ヘッドランプ点灯時にヘッドランプバルブが割れてしまうそうです。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826183337j:image

交換するヘッドランプバルブを用意します。

真後ろから見るとこの様になっています。

3カ所、ベロの様なものが出ていますので、このベロをヘッドランプユニットに入れる時に、ヘッドランプユニットの切り欠きに合わせてヘッドランプバルブを入れます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826183724j:image

上記のようになっていれば大丈夫です。

中央の3極の端子の向きが違っていたら、入れ直しましょう。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826184238j:image

ヘッドランプバルブを固定するバネを引っかけます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826184345j:image

左右キチンと入っていれば大丈夫です。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826184451j:image

これはバネがキチンと入っていない状態です。

 

最後に3極の端子部分を持って、ヘッドランプバルブを揺すってみて、バネが外れなく、ヘッドランプバルブもしっかり固定されていれば大丈夫です。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826184755j:image

ヘッドランプユニットにゴムを取り付けます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826184841j:image

コネクターの3極の向きと、ヘッドランプバルブの3極の向きを合わせて、コネクターを差し込みます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826185014j:image

この様になっていればヘッドランプバルブ交換完了です。

キチンと点灯するか確認します。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826185118j:image

ヘッドランプをONにして、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826185225j:image

無事ヘッドランプが点灯しました。

同様に反対側のヘッドランプバルブを交換します。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826185335j:image

ボンネットを支えるバーを外して、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826185418j:image

バーをホルダーに戻します。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826185500j:image

ボンネットを写真の位置まで下ろして、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20180826185556j:image

そのままボンネットを落として閉めます。

 

結構簡単に出来るので、ぜひチャレンジしてみて下さい。