中年オヤジももさんのゆるりクルマライフ

クルマに関する情報や、愛車のマーチについて女性オーナーの方が気づいてなさそうな情報をゆる〜く発信してゆきます

同乗者に優しい加減速はどうすればいいのでしょう

こんにちは。

 

クルマ。

持っていたり、レンタカーを借りたりすれば、家族や友達と色々なところに出かけられるから便利ですよね。

 

同乗者、つまり友達や家族に優しい運転に気をつければ、家族や友達に一目おいて貰えますね。

 

でも、どうすれば同乗者に優しい運転になるのでしょうか?

 

それは、加速や減速、交差点の右左折時に揺れの少ない運転に心がけましょう。

では揺れの少ない運転を心がけるには?

それは、助手席の乗員の頭の動きに注目しましょう。

 

加速、減速の際に助手席の人の頭が前後に揺れるのは同乗者に優しくない運転です。

また、交差点での右左折の際に助手席の人が左右に振られるのは交差点手前の減速が足りていないことが原因です。

こちらも同乗者に優しくない運転になってしまいます。

 

もちろん運転手は、前方を見ながらクルマを走らせなければなりません。

しかし、前方を見ていても、助手席の人は視界の端の方に入ってきますよね。

加速、減速の度に、助手席の人の頭が動いていると、視界の端でそれは確認できますから、あまり動かないようになれば同乗者に優しい運転ができていることになります。

 

交差点の右左折時にも、助手席の人の体が左右に振られなくなれば、こちらも同乗者に優しい運転ができていることになります。

 

さらに、助手席の人や他の同乗者が居眠りを始めてくれたら、それだけ揺れの少ない心地よい運転ができている証拠です。

 

私も、常日頃からそのような運転を心がけています。

クルマはコンパクトカーのマーチですが、同乗者に優しい運転を心がけていますので、家族からは乗り心地が良いと言われています。

 

友達と一緒に出かけた時に、同乗者に優しい運転を心がけると、友達に一目おいて貰えますよ。