中年オヤジももさんのゆるりクルマライフ

クルマに関する情報や、愛車のマーチについて女性オーナーの方が気づいてなさそうな情報をゆる〜く発信してゆきます

トヨタ カローラ フィールダー

こんにちは。

 

トヨタ カローラ フィールダー。

 

最近新型が海外のモーターショーで発表されましたが、まだまだ現行型は販売中です。

 

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118151123j:image

初期型のハイブリッド車ですがご紹介します。とある理由でキチャナイ クルマですが。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118152033j:image

ハイブリッドのバッチがフロントフェンダーと、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118152139j:image

リヤハッチにハイブリッドシナジードライブのバッチが付いています。

また、リヤのトヨタマークと、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118152244j:image

フロントのカローラエンブレムが、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118152318j:image

ハイブリッドブルーになっています。

 

ちなみに、カローラエンブレムはNCVを示していて、NCVとはニュー センチュリー バリューの略です。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118155610j:image

左側にカローラとフィールダーのバッチが。

 

カローラスポーツのところでも書きましたが、クルマを安定させるエアロスタビライジングフィンがドアの付け根とリヤコンビネーションランプ側面にあります。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118151849j:image

ドアの付け根と、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118151921j:image

リヤコンビネーションランプの側面にコブがあります。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118155344j:image

リヤルーフには可倒式のアンテナがあります。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118155502j:image

ワイパーは最近流行りのフラット風タイプです。

 

 

ドアを開けると、メーターにドア開の表示が出ます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118152826j:image

TFT表示なので非常にキレイです。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118152922j:image

インフォメーション表示は色々切り替えられますが、写真のエネルギーモニターにしておくと、エンジン始動やモーターで走行出来ているか、また減速時にバッテリーに充電される様子が分かり、見ていて楽しいです。

 

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118153209j:image

ハイブリッド車とはいえ、シフトレバーは普通のオートマチック車と同じです。

 

ご紹介しているフィールダーは一番スタンダードなハイブリッドというグレードなので、シフトレバーはウレタンですが、上級グレードではシフトレバートップがハイブリッドブルーになり、革巻きになります。

 

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118153509j:image

車内は結構スポーティで、カーボン風の仕立てとなっています。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118153619j:image

運転席ドアです。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118153649j:image

助手席側のアッパーボックスです。

スポーティでしょ。

 

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118153805j:image

シフトレバーの後ろにはハンドブレーキと各種スイッチ類が。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118155232j:image

12V電源にはバネで閉まるカバーがあります。

 

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118153909j:image

EVモードのスイッチもあります。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118153953j:image

ダッシュボード先端にはクルマの中央を示す出っ張りがあります。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118154121j:image

リヤシートはもちろんリクライニングと手前に倒すことが出来ます。

手前に倒すのは、荷物室側からも可能で、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118154312j:image

 

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118154333j:image

レバーを引くと左右別々に倒すことが出来ます。

 

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118154425j:image

リヤシートセンター席のシートベルトは3点式で、使わない時は天井に格納できます。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118154612j:image

リヤドアスピーカーと、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118154649j:image

フロントドアスピーカーです。

 

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118154730j:image

エンジンルームを開けると、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118154804j:image

向かって左側に、1NZ-FXE型1.5リットルエンジンと、

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181118154915j:image

向かって右側にPCUがあります。

PCUはパワー コントロール ユニットです。

汚くてすみません。

エンジンルームにオレンジ色の線があるとハイブリッド車らしさがありますね。

 

現行型もいいですが、個人的には新型が気になります。

 

ハッチバックはカローラスポーツとして発売されていますが、ワゴンは前述のカローラツーリングスポーツがフィールダーになるのではないかと言われています。

また先日、カローラセダンも米国のモーターショーで発表されまして、これがまた格好良い!

 

これがカローラアクシオになるのでしょうか?

凄く楽しみです。

 

それでは。