中年オヤジももさんのゆるりクルマライフ

クルマに関する情報や、愛車のマーチについて女性オーナーの方が気づいてなさそうな情報をゆる〜く発信してゆきます

カローラスポーツのガソリン車に試乗してみました

こんにちは。

 

先日、カローラスポーツのiMT車の試乗について書きましたが、今回はCVT車に試乗してみました。

グレードは最上級のG“Z”で1.2リッターターボでした。

ボディカラーはシアンメタリックと呼ばれる鮮やかなスカイブルーでした。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181120143948j:image

フロントスタイルです。格好良いですね。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181120144059j:image

リヤスタイルです。リヤハッチ下部のえぐれが凄いです。

f:id:toru-sgttor15kykmmklv531:20181120144115j:image

コクピットです。かなりスポーティです。

iMTの時にも書きましたが、このフロントとリヤの造形は是非実車で見て貰いたいです。

走り出してすぐ気付いたのですが、メーカーオプションのカラーヘッドアップディスプレイが装備されていました。

これがかなり便利で、フロントウインドウにスピードが表示され、またロードサインアシストとして、道路標識も表示されるので、最高速度や追い越しの為の右側はみ出し禁止、一時停止などの見落としを防げます。

 

今回もブレーキホールドのスイッチをONにしましたが、普段マーチで慣れているので、ブレーキホールドがかかっていて、ブレーキペダルから足を放しても大丈夫なのに、一生懸命ブレーキペダルを踏み続けてしまっていました。

マーチにはブレーキホールドなんて便利なもの、ありませんからね。

 

他にも、ステアリング裏にはパドルシフトレバーがあったりシーケンシャルシフトで任意のギアに切り替えられる機能があるのですが、試乗ではあまり動かすことは出来ませんでした。

 

最上級グレードでしたので、クルマの斜め後方の死角のクルマを知らせるブラインドスポットモニターも付いていました。

 

やはり色々な機能を試すには、もう一度メガウェブで試乗してみるしかありませんね。

iMTのノーアクセルでのクラッチミートもやりたいですし。

 

それでは。