中年オヤジももさんのゆるりクルマライフ

クルマに関する情報や、愛車のマーチについて女性オーナーの方が気づいてなさそうな情報をゆる〜く発信してゆきます

スズキ新型ハスラー に試乗してみました

こんにちは。

 

今回は、スズキの新型ハスラー に試乗してみました。

 

というのは、旧型ハスラー の新古車がネットで見つかり、実車を見に行った時の成り行きで。

 

新古車のハスラー はターボ車だったので、動力性能を確かめたかったのですが、保険が切れているから試乗が出来ないと言われまして。

それなら同じエンジンを搭載した新型ハスラー なら試乗出来ますよと言われて。

 

走り出してすぐに、キャストの時の軽自動車感が無い事に気づきました。

新型だからなのか、スズキのクルマ造りの差なのか、はたまた四角いボディが影響しているからか分かりませんが、マーチの様な安定感がありました。

また、マイルドハイブリッドシステムを搭載しているので、出足からパワーが出て、スムーズな加速感がありました。

 

営業さんの話ではエンジン回転数3000回転くらいからターボが効き始めるとのことでしたが、そこまで回さなくても充分パワーが出ていました。

試しにアクセルを踏み込むと、ターボパワーが炸裂!

キャストの時とは大違いでした。

ちなみにキャストにはマイルドハイブリッドシステムは搭載されていません。

 

新古車のハスラー と一緒に、新型ハスラーのGグレード(下のグレード)のターボで見積もりを出して貰ったところ、何と!ほぼ同じ値段‼︎

 

家内と旧型ハスラーへの買い替えを考えていたのに、悩むことになってしまいました。

 

新型なら追突防止装置も最新になり、踏み間違え防止も付きますし、ボディもより進化していますので、安全性の高いクルマに乗れます。

 

先日概算で今後マーチにかかる費用を計算してみましたが、考えてみると、買い替え時期は定年頃。

年金での生活が待っているのにクルマの買い替えなんて無理では?

 

となると、今回のマーチの故障による買い替えが人生最後のクルマ?

 

って、旧型ハスラーやキャストなどで妥協したら悔いが残りそう。

 

だったら、最新型ハスラー に思い切って買い換えてしまった方がいいかもしれません。

 

旧型ハスラー はXターボという最上級グレードで、ボディカラーはスカイブルーとホワイトのツートンカラーでした。

凄くキレイな色でしたが、ドラえもん感がハンパない!

リヤスタイルを見ると、ナンバーの黄色が鈴、テールランプの赤が首輪、本体の青が頭、ルーフの白が顔に見えて愛着が湧いてきて、家内と勝手に「ドラちゃん」と呼んでいました。

全方位モニター付(クルマを上から見たように見られるモニター)なので、対応ナビとETC車載器、サイドバイザーやフロアマットを付けて、およそ180万円。

ただ、台風被害の影響車というもので、小石が当たったキズがクルマ右側面からクルマの後部にかけて結構な箇所で付いていました。

また、定年頃に乗るにはドラえもんカラーが派手過ぎるかもしれません。

 

そして、新型ハスラー のGターボに全方位モニターと9インチナビとフロアマット、ETC車載器を付けて同じくほぼ180万円。

 

これが同じ最上級グレードのXターボで比較すると、価格差はもっと開くと思いますが、私個人としては、ハスラー はXグレードのアルミホイールよりもガンメタやホワイトのスチールホイールの方がイメージなので、Gターボで十分。

 

となると、新車の方がいいかも!

ドラちゃんゴメン。

君は誰か他の人のもとへ。

 

人生最後のクルマとして、新型ハスラー 。

いいかもしれません。

 

 

今度、近所のスズキアリーナに行ってみようかな。

 

それでは。